楽寿堂について

治療院楽寿堂 院長 仲宗根守 プロフィール

1996年 沖縄県立沖縄水産高校卒業
2009年 マッサージ専門学校入学と同時に
横浜・稲留長生治療院で修行をスタート
2012年 マッサージ専門学校卒業
2012年 国家資格 あん摩マッサージ指圧師取得
2014年12月12日 地元沖縄で治療院楽寿堂を開院

◆楽寿堂の(らくじゅどう)院長の仲宗根守です

はじめまして。楽寿堂の(らくじゅどう)院長の仲宗根守です。
2014年12月12日に沖縄市・コザ高校前に治療院楽寿堂を開院し、業務拡大の第一歩として2020年4月27日に沖縄市高原に移転をしました。
治療院を開院しようと思ったきっかけを少しお話しさせていただきます。私は小・中・高と野球に打ち込む、野球少年でした。

◆高校時代に椎間板ヘルニアを患う

しかし、高校時代に椎間板ヘルニアを患い、病院通いの日々が続きました。病院では湿布と痛みどめブロック注射の治療をおこなっていましたが、思うように改善が見られず、「もしかしたら大好きな野球が続けられないかも」という不安でいっぱいでした。

◆マッサージ治療院との出会い

それを知った知人から病院の治療と並行して、マッサージ治療院にも通ってみたら?というアドバイスがありました。そして南風原の神里整体 療術院を紹介してもらい、「これでよくなれば・・・」と神里先生にすがる思いで通いつ続け るうちに、徐々に効果があらわれ、半年ほどで野球ができるまで改善しました。そのおかげで、野球を続けることができ、 大きな感謝とともに、病院の役割、そしてマッサージ治療院が担う役割を自分自身の体験により、学びました。 それがきっかけで、マッサージ専門学校に入学とともに稲留長生療術院にて修行スタート。その後、国家資格を取得したあと、地元沖縄での開業に至りました。

◆「好きなこと、やりたいことができる感動」

学生時代から年齢を重ねるにつれて、身体の痛み辛さ、痺れなどは変化していきます.生まれつきもった骨格やスポーツをしている、していない、生活習慣などによっても、人の身体は十人十色です。 そのため、個々にあわせた施術が必要だと考えています。私自身が経験した「好きなこと、やりたいことができる感動」 を皆様にも少しでも感じていただけるように、誠心誠意対応させていただきます。

◉「マッサージ」ができる資格について

「あん摩マッサージ指圧師」は国が認める唯一の「マッサージ」における資格です。
「マッサージ」として施術ができるのはあん摩マッサージ指圧師」と「医師」のみになります。

「カイロプラティック」「整体」「ボディケア」「リラクゼーション」などのお店では国家資格は必要なく、「マッサージ」という名称は使えず、「癒し」としてのサービスの提供というのが前提です。
また、「肩こりや腰痛に効く」などという医療的な効果を宣伝することも禁止されています。

しかし、これだけ多くのお店やサービスが氾濫している中で、患者さんの中では違いがわからず、体の不具合を治してもらう「マッサージ」として認識していることが多いのではないでしょうか。

楽寿堂について

治療院 楽寿堂 院長仲宗根は、国家試験である「あん摩マッサージ指圧師」を取得しています。

治療院 楽寿堂 院長 仲宗根守 プロフィール

院長・仲宗根守1996年 沖縄県立沖縄水産高校卒業
2009年 マッサージ専門学校入学と同時に
横浜・稲留長生治療院で修行をスタート
2012年 マッサージ専門学校卒業
2012年 国家資格 あん摩マッサージ指圧師取得
2014年12月12日 地元沖縄で治療院楽寿堂を開院

野球部に入部するため、沖縄市より沖縄水産高校へ。

椎間板ヘルニアを患い、病院通いが続くも、なかなか改善しない状況が続いていましたが、知人からの紹介で南風原の神里整体 療術院を紹介してもらい、「これでよくなれば・・・」と神里先生にすがる思いで通いつ続けるうちに、徐々に効果があらわれ、半年ほどで野球ができるまで改善しました。

そのおかげで、野球を続けることができ、 大きな感謝とともに、病院の役割、そしてマッサージ治療院が担う役割を自分自身の体験により、学びました。

◆楽寿堂の(らくじゅどう)院長の仲宗根守です

はじめまして。楽寿堂の(らくじゅどう)院長の仲宗根守です。
2014年12月12日に沖縄市・コザ高校前に治療院楽寿堂を開院し、業務拡大の第一歩として2020年4月27日に沖縄市高原に移転をしました。
治療院を開院しようと思ったきっかけを少しお話しさせていただきます。私は小・中・高と野球に打ち込む、野球少年でした。

◆高校時代に椎間板ヘルニアを患う

しかし、高校時代に椎間板ヘルニアを患い、病院通いの日々が続きました。病院では湿布と痛みどめブロック注射の治療をおこなっていましたが、思うように改善が見られず、「もしかしたら大好きな野球が続けられないかも」という不安でいっぱいでした。

◆マッサージ治療院との出会い

それを知った知人から病院の治療と並行して、マッサージ治療院にも通ってみたら?というアドバイスがありました。そして南風原の神里整体 療術院を紹介してもらい、「これでよくなれば・・・」と神里先生にすがる思いで通いつ続け るうちに、徐々に効果があらわれ、半年ほどで野球ができるまで改善しました。そのおかげで、野球を続けることができ、 大きな感謝とともに、病院の役割、そしてマッサージ治療院が担う役割を自分自身の体験により、学びました。 それがきっかけで、マッサージ専門学校に入学とともに稲留長生療術院にて修行スタート。その後、国家資格を取得したあと、地元沖縄での開業に至りました。

◆「好きなこと、やりたいことができる感動」

学生時代から年齢を重ねるにつれて、身体の痛み辛さ、痺れなどは変化していきます.生まれつきもった骨格やスポーツをしている、していない、生活習慣などによっても、人の身体は十人十色です。 そのため、個々にあわせた施術が必要だと考えています。私自身が経験した「好きなこと、やりたいことができる感動」 を皆様にも少しでも感じていただけるように、誠心誠意対応させていただきます。

◉「マッサージ」ができる資格について

「あん摩マッサージ指圧師」は国が認める唯一の「マッサージ」における資格です。
「マッサージ」として施術ができるのはあん摩マッサージ指圧師」と「医師」のみになります。

「カイロプラティック」「整体」「ボディケア」「リラクゼーション」などのお店では国家資格は必要なく、「マッサージ」という名称は使えず、「癒し」としてのサービスの提供というのが前提です。
また、「肩こりや腰痛に効く」などという医療的な効果を宣伝することも禁止されています。

しかし、これだけ多くのお店やサービスが氾濫している中で、患者さんの中では違いがわからず、体の不具合を治してもらう「マッサージ」として認識していることが多いのではないでしょうか。

◉「あん摩マッサージ指圧師」の役割

「あん摩マッサージ指圧師」の施術は、「あん摩」「マッサージ」「指圧」の3つから成りたっています。

すべて手技で、患者さんの身体を「なでる」「さする」「揉む」「押す」「動かす」などにより、身体にあらわれているコリや痛み、違和感を和らげ、不調を改善していくのが大きな役割となります。

身体にもともと備わっている自然治癒力、免疫力を高める東洋医学に基づくもので、器具や機械は使わず、すべて「手技」を使うのが大きな特徴です。

◉治療院 楽寿堂がお手伝いできること

肩こりがする、腰痛、膝の痛み・・・日々の中で、体にまつわる「不安」や「不具合」 を感じてる方はとても多くいらっしゃるとおもいます。
1度だけの施術では完全に よくなることもなく、何度か通ってもらう必要がございます。

しかし、楽寿堂では 「より早く治す」「より安く治す」をモットーにして誠心誠意、対応させていただいてますので 不安な部分はぜひお気軽にお尋ねください。
施術という特性上、技術や金額などはもちろんのこと、 技術者との相性も大切な条件だと考えてます。

まずは、一度ご来院いただき実際にみて、体験していただいてから、今後の長いお付き合いの参考にしていただければと考えています。
皆様の体調がよりよくなるお手伝いができればと思っています。